タイ語で自分の名前を書いてみよう

JAYA & 3S Groups
池袋校  JAYAランゲージセンター
03-3983-0371
平日10:00~21:30 土/日曜 9:30~17:30 祝日休校
飯田橋校 スリーエス エデュケーション
03-5926-5665
平日14:00~20:30 土曜13:00~16:00 日曜休校
アジアの提灯

タイ語で自分の名前を書いてみよう

タイコラム

2017/09/01 タイ語で自分の名前を書いてみよう

タイ語で自分の名前を書いてみよう

自分の名前を書くことでよりタイ語マスターに近づける

自分の名前を書くことでよりタイ語マスターに近づける
語学の学習を大きく分類すると、「喋る」と「書く」に分けることができます。
どちらが難しいかはその言語次第ですが、タイ語に関しては独特のタイ文字を使用することになるので各子のほうが厄介かもしれません。

例えば英語であれば小さい頃から親しんでいるアルファベットを見かけているのでそれほど抵抗はありませんが、タイ文字を知っている人などほとんどいません。

ですが文字を使うことでLINEやフェイスブックなどSNSを利用した会話ができるようになり、タイ語の発音が苦手な方は悩みの種でもある声調を気にしなくて済むので助かります。
また、発音に関する諸問題を気日することなく文字は学習にすることができるので、音が苦手な方には文字の学習は楽しいかも知れません。
とは言っても、初めてタイ語を学習する際には、タイ文字は非常に分かりづらくて書きにくいと、誰もが初めは思うものです。
一番自分にとって身近な、自分の名前を書いたり、挨拶などの簡単なフレーズを書いて、楽しみながら文字に慣れていきましょう。
独特な文字ではありますが繰り返し書いていると徐々に覚えてきて、何も見なくてもスラスラと書くことができるようになり、段々タイ文字の特徴を掴むことができるようになります。

タイ語で自分の名前を書く際に注意したい点について

タイ語で自分の名前を書く際に注意したい点について
文字を書くというのははじめこそ戸惑いますが、自分の名前をタイ語で書くのは楽しくて興味深いことです。
しかし注意したいのが、名前によっては「日本語で表すことは可能でも、タイ語で表現することができない文字」もあり、それらは代用文字を使うことになります。

どういった文字の場合に代用文字を使うのか、またどのような文字に代用するのかは日本語のできるタイ人やタイ語をマスターしている人に確認してみて下さい。
タイ人にとって私たちは外国人はので、自分の名前を書き間違えている…というのも愛嬌があって笑い話になるかもしれませんが、
タイ語で自分の名前を間違えずに書けると、タイ人にも驚かれて、一躍人気者になれます。
基本的にはタイ語で書きやすい名前であったとしても、タイ人の人などに書いてもらい、それを見ながら練習に励むことが大切でしょう。
タイ文字を覚えるためにはモチベーションの維持が重要ですが、興味のある言葉を書くようにして、やる気を維持させたいです。
自分の名前から練習しましょう。

TOP