マレー語の発音と注意点

JAYA & 3S Groups
池袋校  JAYAランゲージセンター
03-3983-0371
平日10:00~21:30 土/日曜 9:30~17:30 祝日休校
飯田橋校 スリーエス エデュケーション
03-5926-5665
平日14:00~20:30 土曜13:00~16:00 日曜休校
アジアの提灯

マレー語の発音と注意点

マレーコラム

2017/09/01 マレー語の発音と注意点

マレー語の発音と注意点

注意したい発音

注意したい発音

マレーシアでよく使用されるマレー語は、アルファベットをローマ字通りに読んで発音するため、日本人にとって習得が簡単な言語のひとつです。
マレー語の発音は簡単なものばかりですが、注意しなければいけない発音もあります。
例えば、母音の「e」です。
ローマ字で発音すると「エ」ですが、マレー語は「ウ」に近い音で発音します。
また、子音の「c」は、「カ行」で発音するのではなく、「チャ行」に近い音で発音します。
ローマ字通りに発音すると、マレーシアでは通じにくい場合がありますので注意しましょう。
また、マレー語を綺麗に発音するために気をつけたいのが、「nya」の発音です。
「ニャ」ではなく、「ニア」と発音します。
また、「muk」は「モッ」と発音します。
「g」は、「グ」ではなく、鼻に抜けるような発音をします。

難しい発音の単語

難しい発音の単語

簡単な発音が多いマレー語ですが、「c」の発音、「ng」の発音、「ny」の発音は日本人にとって難しく感じます。
とはいえ、練習すると綺麗な発音で相手に伝えることができるでしょう。
「c」の発音が用いられる難しい単語は、「cantik」(チャンティッ)かわいい、「cari」(チャリ)探す、「kunci」(クンチ)鍵、「kecil」(クチル)小さい、などが挙げられます。
語尾に「ッ」がある単語も意識して練習するようにしてください。
「ng」の発音が用いられる難しい単語は、「bunga」(ブンガ)花、「jangan」(ジャンガン)したくない、「tangan」(タンガン)手、などが挙げられます。
日常会話でも使用することがあるため、綺麗な発音で言えるように練習しましょう。
「ny」の発音を用いる難しい単語は、「nyani」(ニャニ)歌を歌う、「banyak」(バニャ)多い、などが挙げられます。
基本的なマレー語ですが、上手に発音しなければ伝わりにくいため、注意して発音しましょう。

TOP