有気音と無気音を使い分けるコツ

JAYA & 3S Groups
池袋校  JAYAランゲージセンター
03-3983-0371
平日10:00~21:30 土/日曜 9:30~17:30 祝日休校
飯田橋校 スリーエス エデュケーション
03-5926-5665
平日14:00~20:30 土曜13:00~16:00 日曜休校
アジアの提灯

有気音と無気音を使い分けるコツ

タイコラム

2017/09/01 有気音と無気音を使い分けるコツ

有気音と無気音を使い分けるコツ

タイ語の発音練習

有気音と無気音の使い分けがタイ語習得の際に重要になってくる

母国語以外の言語を学ぶ際には、様々な壁にぶつかることがあります。
単純に単語を知らない、文法を覚えなくてはいけない…といったものではなくて、もっと根本的な母国語との違いがあり、それに悩まされる人も少なくはありません。
タイ語の習得のために避けては通れないのが有気音と無気音です。
日本人が母国語を話す際に有気音と無気音を意識している人はいないと思いますが、実は日本語においてもこれらを使い分けています。
ただしタイ語における有気音と無気音に比べると日本語の有気音と無気音はそれほど会話の中で重視する必要はないかもしれません。
しかしタイ語の場合はこれらを把握して喋り分けないと何を言っているのか正しく伝えることができませんし、タイ語のマスターはできません。
これを覚えるためのコツといえば、結局のところ練習しかありませんが、口の前の部分に薄い布などを垂らしておいて発音をして練習するという手法が頻繁に採用されています。

 

タイ語で有気音と無気音を使い分けるために行いたいこと

タイ語で有気音と無気音を使い分けるために行いたいこと
有気音と無気音は日本人が意識して練習したことがないものなので使い分けをするまでに少し苦労するかもしれません。
しかし母国語以外を習得する際にはこういった苦労はするものですし、質の高いタイ語を教えてくれる教室に通うことによって、効果的な学習ができるようになるでしょう。
特に初めは有気音と無気音の違いが分からないかもしれませんので、少しやりすぎなくらいの差をつけて発音するのがコツです。
有気音をうまく発音するためには、口と鼻の両方から息を吐く感じで練習をするのがコツで、無気音の場合には逆に息を吸い込むと同時に発音するようにしましょう。
こういった練習方法を実践していると、自然とタイ語の有気音と無気音を使い分けやすくなるでしょう。
JAYAランゲージセンターで学ぶことも早く使い分けるためには有効な方法です。

TOP