日本語に少ない末子音を克服するコツ

JAYA & 3S Groups
池袋校  JAYAランゲージセンター
03-3983-0371
平日10:00~21:30 土/日曜 9:30~17:30 祝日休校
飯田橋校 スリーエス エデュケーション
03-5926-5665
平日14:00~20:30 土曜13:00~16:00 日曜休校
アジアの提灯

日本語に少ない末子音を克服するコツ

タイコラム

2017/09/01 日本語に少ない末子音を克服するコツ

thai0035

日本語にない末子音を克服するコツ

日本人の大敵?末子音を克服することでタイ語習得に近づく

日本人の大敵?末子音を克服することでタイ語習得に近づく
「日本語にはあるけれど、タイ語にはない」というものもあれば、逆に「タイ語にはあるけれど、日本語にはない」というものも存在しています。
両方ともに子音は存在しているのですが、日本語には「n(ん)」以外の末子音はありません。
そのため、日本人の感覚としては、子音が単語などの音の塊の最後に来ることにあまり慣れていませんが、タイ語においては末尾に子音が来ることが沢山あり得ます。
当然これに慣れていない日本人は発音する際に戸惑いますし、聴き取りも難しく感じてしまうでしょう。
末子音の存在を理解して、どのように発音したらよいのかをマスターしていかないと、当然本場タイで話が通じづらくなってしまいます。
段階的に発音する練習と聞き取る練習を繰り返すと、徐々に末子音に慣れてきます。
発音する方は、自分が口の形などを気にすればすぐに言えるようになりますが、聞き取るには時間がかかります。
これを克服するための最大のコツは慣れだといわれています。
ですから諦めることなく練習をすることが大切ですし、発音を教えるのが上手な講師や学校の元で学ぶのがベストです。
JAYAランゲージセンターでは正しいタイ語を学ぶことができるので、末子音の克服も行いやすいでしょう。

末子音を理解するとタイ語のレベルも向上する

末子音を理解するとタイ語のレベルも向上する
日本語には「n(ん)」以外の末子音は日本語にはありませんので、初めは聞き取ったり理解するのが難しいですが、根気よく勉強をすることでマスターすることができます。
この音を発音するためには音に合わせてしっかりと口の形を作ったり、口の開け方や唇の動きに注意する必要があります。
独学でタイ語を学ぶのは大変ですし、もし習得できたとしても勉強の効率は良いとは言えません。
しっかりとした授業を行ってくれるタイ語教室に通うことによって末子音の克服も可能になるでしょう。
あまり馴染みのない発音の仕方となるため、実際にタイ語を話せる人に教わるのはとても良いことだといえます。
タイ語を独学で勉強したり、文法や会話を中心に学習する教室で勉強すると、最悪の場合は上手く発音気なかったり、上手く聞き取れなかったりと間違った発音を覚える可能性もあるので注意が必要でしょう。
何度も発音して、録音をして確認して、可能であればタイ語の先生などに聞いてもらってアドバイスをもらうことも重要なコツといえるでしょう。

TOP